ロンドンでの日々の生活を綴っています(ほとんど育児日記状態です)。


by mr-mama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本帰国

お久しぶりです。
我が家もついに日本に帰ってきました。
在英中にもっと日本での生活のことまで手が回ればよかったのですが、帰国準備に忙しくできませんでした。そのため、今度は日本の生活のたちあげ忙しい日々です。
幸い、新居が実家の近くなので、実家でお世話になりながらMinnieが早く幼稚園に通えるように準備をしています。

しばらくまたブログからは遠ざかる生活になりそうですが、時間ができたときに在英中のことをアップしたいと思っています。

また、ブログ自体、イギリス限定で始めたため、ここで終わりにしようと思います。
日本にいる家族や友人にイギリス生活を報告する手段として始めたブログでしたが、たくさんの方に見ていただいてありがとうございます。
日本でのことも別のブログなどで書いていきたいなと思っていますが、それは日本の生活が落ち着いてからにしようと思います。

今までどうもありがとうございました。
[PR]
# by mr-mama | 2009-07-02 09:15 | ひとりごと

お知らせ

いよいよ我が家の本帰国も間近です。
日本のお引越しとは違って、家を空けた後、ハウスクリーニングを業者にしてもらうのに1日、その後インベントリーチェック(借りたときと同じ状態になっているか専門の人のチェックがあります)で1日とられてしまいます。
つまり引越しの日から少なくとも3泊はホテル住い。
我が家はMinnieの幼稚園の行事のため4泊ホテルに移ります。

そして、引越しの前に電話とネットの契約が切れてしまうので、在英中、ブログを更新できるのは今日まで。
日本に帰ったらこの続きをアップしたいと思います。

まだ後少し残っていますが、在英中はたくさんの方々に大変お世話になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。

それでは次は日本から。
[PR]
# by mr-mama | 2009-06-21 19:35 | ひとりごと

ベーグルを求めて

この日はお友達と東ロンドンにあるベーグル屋さんに行ってきました。
実は数週間前の日曜日にここに行こうと思っていたのですが、悪天候だと思い断念していました。木曜日なら行かれる、と早速おでかけ。

初めて行きました、いわゆる東ロンドン。インド人がたくさん住んでいる地区とも聞いたのですが、なんとなく暗い雰囲気で壁には落書き(アート?!)だらけ。夜は怖くて歩けないかも。
このベーグル屋さんは24時間オープンしていて、美味しいと知らなかったら入ってみようとは思えないようなお店。というのも、普通パン屋さんというのは女性が多いと思うのですが、中を覗くと中年の男性ばかり。
皆ここで売られているベーグルサンドなどをたべていました。
こちらがここで買ったベーグル↓
e0125565_21485027.jpg


何と1つ20P!!激安!!!
見た目はいかにも手作りという感じで、形は不ぞろい。早速翌日の朝、頂きましたが、評判どおり美味しい。もっちりしていて味わい深い。
もう一つ、チーズケーキも美味しいと聞いていたので買ってみました(写真は食べてしまったのでありません)。こちらも一つ60P。£1しないなんて、ビックリです。けっこうずっしりくる重さ。でも食べるとそこまでしつこくなく、これなら1個食べられそう。こちらは夕方遊びに来てくれたお友達と一緒に頂きました。

お互い2歳児をつれていったのですが、やっぱりグズル…。帰りはHolbornを通るバスが近くから出ていたので、これに乗ってHolbornまで。バスの中でも2人はどちらかがグズグズ。私達に付き合ってもらっているのだけれど、もう少し外出を楽しんでください、子供達(by母の思い)。
そしてここでランチ。韓国料理のAsadalへ。以前、家族で来た事があったのですが、美味しいです。さすがセントラルにある韓国料理レストラン、内装もおしゃれだし。子連れでも大丈夫だし。
ここでPuppy、チヂミを初めてパクパク食べました。お好み焼きが嫌いなPuppy、どうかなーと思っていたのですが、お友達が食べていたからか、すごい勢い。ママたちは石焼ビビンバ。美味しく頂きました。

もちろん子供達がいたら食後ゆっくりなんて出来ないけれど、美味しい物を買って、美味しい物を食べて、幸せ。

夕方は…
[PR]
# by mr-mama | 2009-06-18 21:39 | food
火曜日も私の送別会を開いていただきました。
私のリクエストでYauatchaのアフタヌーンティー。
普通のお食事には何回か来た事があったのですが、いつもアフタヌーンティーが気になっていました。

Minnieを幼稚園に送ってから早速セントラルへ。
もちろんまだ時間が早いのでお茶でもして、なんて言っていたけれど、結局買物で終わりました。
最初行ったtのはNeal's Yard Remedies。本帰国のために何回足を運んだだろう。色々な支店に行きました。今回はレストラン近くのOxford Circusのそばのお店。開店10分前だったのですが、お店を開けてくださいました。
全員何かをお買い上げ。こういうところにくると、特に欲しい物がなくても買いたくなってしまいますよね。

そして、その前にあるLibertyへ。
ここで私も思わずお買物。Saleの表示にひかれてみんなで入ったのですが、結局セール品は買わず。
ずっと欲しかった食器を発見(というか、前からここにあるのは知っていたのですが)。ただ、ちょっとお高め。
迷ったら買おうと決めていたので買うことに。パスポートを持っていれば免税手続きもできたのですが、もちろんそんな物を持っているわけがなく普通のお値段で買いました。購入金額の10%くらいが戻ってくるのですが、ここまでの交通費と免税金額が£1~2くらいしか変わらず、そのために再度足を運ぶのはいかがな物かと思い購入に踏み切りました(ってそんなに重々しい買物ではないのですが)。

気づけば11時過ぎ。お茶をして待っていられるのでレストランへ向かう事にしました。
が、2時間しかいられないと言われ、じゃあお茶は他でして戻ってこようと思っていたら、店員さんが確認しにいってくれました。その時はパーティーが入っているから13時半までしかどちらにせよいられないと言われ、だから通常12時半からしかオーダーできないアフタヌーンティーも12時からオーダーOkという事でした。じゃあここで待とうという結論に。
12時になったのでオーダーしたら(受付の係りの人とは別の店員さん)、12時半からしかオーダーできないと言われ皆???状態。ここで英語が堪能なお二人が事情を説明。店員さんは再度確認へ。結局厨房の関係で12時からしか調理を始められないからすぐには持ってこられないというのです。というわけで時間も14時までOKという事に。あれっ、パーティーはどこに??まぁ、私達にとってはプラスだったので何も言わずそのまま美味しく頂きました。
ここでは写真禁止。写真に撮りたいほど綺麗な3段トレイ。他と違うのは一番下の段が飲茶という事。スコーンもアーモンドや抹茶など珍しい物がありました。ジャムのほかにハチミツがあったのも初めての体験。
おしゃべりしながらだと食べるのもゆっくり。そうすると満腹になるのが早くて途中から皆かなり苦しんでいました(笑)。
いっぱいおしゃべりして笑って、本当に素敵な時間でした。やっぱりこれが私の送別会だなんて信じられない!!

その後もまたお買物の続き。
結局食べに行ったのか買物に行ったのか分からない(笑)。それでも、こうやって仲のいいお友達と一緒に長い時間を過ごせるのは楽しい。
何度も言うようですが、ロンドン生活をここまで満喫できたのはお友達のおかげ。同じ日本の感覚を持ち、たわいのないおしゃべりができて、助けていただいて、感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

Puppyは…
[PR]
# by mr-mama | 2009-06-16 21:07 | 日記

Cambridge

残り少ない週末、どこか行かなくてはとケンブリッジへ行ってきました。
ご存知の通り、学生の町。観光客も多いけれど、若者もとても多い。将来のエリート候補がいるのでしょうね。
残念ながらニュートンなどが卒業した有名なTrinity College(トリニティーカレッジ)にはこの日、入る事ができませんでした。
でもイートン校の進学先として創設されたKing's Collegeには行ってきました。
構内は試験期間中ということで入る事ができないそうですが、大学内にある教会は開放されています。
こんな立派な建物が校舎で、こんなに立派な教会が校内にあるというのも驚き。
e0125565_5253098.jpge0125565_5254385.jpg

教会の中は綺麗なステンドグラスで壁が覆われています。天井の作りもとても綺麗でした。
e0125565_5283888.jpge0125565_5285113.jpg

教会をでると中庭にでます。綺麗な芝生が目を引きます。この建物は全て校舎や図書館など現在も学生に使われています。こんなところで勉強したら周りの景色にみとれちゃいそう。
e0125565_5302126.jpge0125565_5303635.jpg

ふらふら町を散策した後は、最初にインフォメーションセンターで購入していたパントと呼ばれるボートに乗ることに。
このインフォメーションセンターで色々なチケットを購入でき、割引になっているものもあるので最初に行く事がお勧めです。
この日は朝はどんより曇り空だったのですが、お昼前からすごい日差し。すっかり子供達に帽子などを持たせるのを忘れてしまったけれど、暑かった~。パントはもちろん屋根はなくジリジリ。橋の下を通るときに生き返ります。
e0125565_536088.jpg


お天気が良かったので川はパントで渋滞。私達は専門の方がこぐパントに相乗りしたのですが、自分達でこぐこともできます。これが行く手をさえぎる。一本の棒で操作するので難しそう。何度ぶつかったことか。
皆片手にワイングラスやビールを持っていて気持ちよさそう(こいでいる人は大変そうでしたが)。
川沿いの大学の建物を横目に45分間のツアー。
e0125565_5392488.jpge0125565_5394345.jpg

ひよこを連れた鳥が泳いでいたのですが、それを見てPuppy「baby come on!」と…。今までだったら「ベイビー、来てー」だったのに。いつの間に覚えたのかしら。

お決まりのアイスクリームを食べて、結婚式をちょっと覗いて(ガーデンウェディング素敵でした)、早めに帰宅。あんなに素敵な町で勉強できるなら大学がもっと楽しくなるかも。それに周りに何もないから勉強せざるを得なくていいのかな。
[PR]
# by mr-mama | 2009-06-13 22:19 | イギリス観光